兵庫県神戸市灘区でアスリートのコンディション管理・競技力アップを支えるトレーニングスタジオ「ウイニングボール」

「プロの世界で戦い続けるための身体づくり」横浜DeNA ベイスターズ萬谷 康平投手

2013年の育成ドラフトで横浜DeNAベイスターズに入団した萬谷康平投手。支配下登録からプロ初登板、そしてプロ初勝利と順調なスタートを切った1年目を振り返りながら、当時の心境やコンディション調整に対する考え方、パワーライントレーニングを取り入れた感想などについて話していただきました。聞き手:株式会社フォグランプ 橋本祐介

楽しさと厳しさ、両方を味わったプロ1年目。

— 育成枠から支配下登録され、プロ初勝利も挙げられたルーキーイヤー。きっと色々な出来事があったかと思いますが、1年を振り返ってみていかがでしたか?

萬谷選手(以下萬谷) 子どもの頃からあこがれていた舞台で野球ができる楽しさと、プロの世界の厳しさの両方を体験しました。自分が思っていたよりも早いタイミングで支配下登録され、順調なスタートを切れたことは良かったなと思っています。でも、初登板(5月4日、広島戦)の緊張感は今でも忘れられません。とにかく球場の雰囲気が全然違うし、緊張のあまり頭の中が真っ白。どうやってマウンドまで走っていったかも覚えていませんし、1イニングを投げ切るのに必死で、とても楽しめるような余裕はありませんでした。

— これまで高校・大学そして社会人と数々の経験を重ねてこられたと思いますが、それとはまた違いましたか?

萬谷 はい、全く別モノでしたね。雰囲気に飲まれるというか・・・あとはとにかく結果を出し続けなければならない立場なので、プレッシャーを感じていました。プロに入るまでは自分がチームの主戦ですし、「お前が打たれたら仕方ない」という状況で投げさせてもらっていました。でも今は競争に勝ち残って、また投げるチャンスをもらわなければならないわけですから・・・

— なるほど。でもこうして1年を戦い抜いたわけですから、今シーズンは緊張感にも慣れてきますかね?

萬谷 いえ、また初登板の時はきっと緊張すると思います。対戦相手もオフ期間を経てきっとレベルアップしていると思うし、自分はそれを上回っていかなければならない。それがプロの世界ですから。でも、結果を恐れるのではなく、自分が自信を持てるボールを思い切り投げ込んでいきたいですね。