兵庫県神戸市灘区でアスリートのコンディション管理・競技力アップを支えるトレーニングスタジオ「ウイニングボール」

「ウイニングボールのトレーニングが、人生を変えるかもしれない。」関西学院大学 田村丈投手

185cmの長身から投げ下ろされる、威力抜群のストレートが持ち味の田村丈投手。高校生の頃からの夢であったプロ野球選手を目指し、関西学院大野球部を引退後もウイニングボールでトレーニングを続けています。自身の運命を決める入団テストを控え、ウイニングボールで成長できたことや、自身の歩みについてお話をお聞きしました。聞き手:株式会社フォグランプ 橋本祐介

プロ入りを目指して、トレーニングを続ける毎日。

— 本日はよろしくお願いします。まずは、これまでの経歴からお聞かせいただけますでしょうか。

田村選手(以下田村) はい。関大北陽高では1年まで内野手をやっていたのですが、2年のときから投手に転向しました。3年の夏では3回戦で敗退しました。関学大では1年から登板の機会があったのですが、その後は腰のケガなどもあって戦線を離れる期間が長かったです。4年になってコンディションも良くなり、再びリーグ戦でも投げられるようになりました。

— 現在は硬式野球部を引退され、浪人生活を続けながらプロを目指しているとうかがいました。

田村 はい。ウイニングボールでレッスンを受けながら、9月下旬に行われるプロ球団のテストに向けて準備を進めています。その間に、大学の野球部の練習にも参加させてもらい、打者に向かって投げる感覚を養うようにしています。

― レッスンはどれくらいのペースで受けていらっしゃるのですか?

田村 今は週に3回くらいのペースで通っています。1回のレッスンはだいたい2時間くらいでしょうか。

— 挑戦を諦めてもおかしくない状況下で、プロを目指す強い意気込みが感じられます。

田村 高校生の頃から「プロ野球選手になりたい」という強い気持ちを持っていたので、可能性がある限りはチャレンジを続けていきたいと考えています。実は昨年の秋にも、あるプロ球団の入団テストを受けたんです。結果は不合格で、当時は野球を続けていくかも迷っていたのですが、受験を勧めてくれたスカウトの方がその後も気にかけてくださっていて、テストが終わってしばらくしてから連絡があったんです。ウイニングボールを紹介してくださったのもその方で、「もう1年、がんばってみよう」という気持ちになりました。

— スカウトの方がそれだけ親身になってくれると励みにもなりますね。

田村 そうですね。大学でこれといった実績を残していない僕のことを、練習場まで視察に来てくださったのもその方なので…気にかけてもらえているのは励みになります。