兵庫県神戸市灘区でアスリートのコンディション管理・競技力アップを支えるトレーニングスタジオ「ウイニングボール」

「同じ悩みを抱える選手たちの希望に」福岡ソフトバンクホークス島袋 洋奨投手×群馬ダイヤモンドペガサス北方 悠誠投手 ウイニングボール 代表松尾 祐介

興南高校3年時に甲子園春夏連覇の偉業を達成し、ルーキーイヤーの2015年は一軍デビューを果たした島袋洋奨投手。福岡ソフトバンクホークスで1年間ともに汗を流し、今季からは新天地での活躍を目指す北方悠誠投手。同じ苦しみを味わったからこそわかり合える2人の胸の内と、それを克服するために出会ったパワーライントレーニングのことを語っていただきました。今回はウイニングボールの松尾代表も交えた3人のスペシャル対談です!聞き手:株式会社フォグランプ 橋本祐介

それぞれの目標に向かって歩き出す2016年。

— 本日はよろしくお願いします。まずは、おふたりのオフシーズンの過ごし方から教えていただけますでしょうか。 ※取材は2015年12月、16年1月の2回に分けて行いました

島袋選手(以下島袋) 僕は基本的に沖縄で自主トレをしていました。1年目のシーズンが終わったときに、身体の疲れ方が学生の時とは違うと感じていたので、まずは身体を休めることを意識していました。1月になってからはウェイトトレーニングも交えつつ調整しています。それから、もう少し体重を増やすために食事も多めに摂っています。プロに入って初めてのオフでしたが、目的は果たせてうまく過ごせたと思っています。

北方選手(以下北方) 僕は1月下旬まで長崎でトレーニングをしていました。寒いので、どうしても体力面やウェイトトレーニングが中心のメニューになってきますね。投げ込みはもう少し暖かくなってから本格的にやっていく予定です。今シーズンからお世話になる群馬には2月になってから移動して、3月のキャンプインに備えることになると思います。

— オフシーズンの間にウイニングボールではトレーニングをされたのですか?

島袋 はい、僕は12月に2日間にかけてレッスンを受けました。

— 松尾代表はどのような指導を?

松尾代表(以下松尾) ひとことで言うと投球フォームを改めてチェックしたってところですかね。特に投げ終わってからのフィニッシュの形を意識するように伝えました。

島袋 今まで投げ終わったときの形というのはそこまで考えていなかったので、また自分としても新しい発見になりましたね。

— 北方選手がウイニングボールに来られるようになったのはいつ頃からですか?

北方 僕は昨年の10月くらいからですね。トータルで10〜15日くらいかけて、みっちりやらせてもらっています。徐々に調子が良かった頃の身体の使い方を思い出せつつあるので、このままコンディションを上げていきたいと思います。

— 昨年はホークスの同僚として切磋琢磨し合ったお二人ですが、今シーズンは別の道を歩むことになります

北方 そうですね。群馬で野球を続けるチャンスをもらったので、何とかアピールしていきたいと思います。

島袋 僕もさらに成長して、一軍でどんどん投げられるようにがんばっていきたいです。